健康・病気ニュース情報

新型コロナウイルス 潜伏期間 対策【厚生労働省発表】他知っておきたい事まとめ

スポンサードリンク

新型コロナウイルスの潜伏期間や対策 他の様々な情報を厚生労働省が発表するものからまとめてます。

新型コロナウイルスとは、発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染を起こすものは6種類あることが分かっています。

そのうち、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスも含まれていまして、それ以外の4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占めます。

• 新コロナウイルスは人から人へ移るのか?新型コロナウイルス感染症の現状からは、中国国内ではヒトからヒトへの感染は認められるものの、ヒトからヒトへの感染の程度は明らかではありません。

新型コロナウィルス 症状 厚生労働省とWHO 発表【症状-重症化の特徴症状7つとは?

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 潜伏期間は?

潜伏期間はどのくらいの長さですが、潜伏期間は現在のところ不明ですが、他のコロナウイルスの状況などから、最大14日程度と考えられています。

対策・予防

• 過剰に心配することなく、一般的な衛生対策として風邪やインフルエンザと同様に、まずは咳エチケットや手洗い等の感染症対策を行うことが重要で手洗い、うがい、アルコール消毒など行う事です。詳しくは↓↓から

新型コロナウイルス 予防 厚生労働省発表まとめ【効果的予防方法6選】

入国してから2週間の間に、発熱や呼吸器症状がある場合には、マスクを着用するなどの咳エチケットを実施の上、あらかじめ保健所に連絡の上速やかに医療機関を受診しないといけないです。

また、受診に当たっては、武漢市の滞在歴があることを申告し、ご不明な点は、最寄りの保健所にお問い合わせください。

厚生労働省での対処をどのように行っていますか?との答えに検疫所では、入国者及び帰国者に対するサーモグラフィー等による健康状態の確認に加えて、中国からの全ての航空便、客船において、入国時に健康カードの配布や、体調不良の場合及び解熱剤と咳止めを服薬している場合に検疫官に自己申告していただくよう呼びかけを行っています。

また、国内での感染拡大防止のため、原因が明らかでない肺炎等の患者を早期に把握し、適切に検査する仕組みを着実に運用しております。

コロナウィルスの消毒にもよいと言われる次亜塩素酸ナトリウムの消毒液です。売り切れになる前にチェックしておくといいですよ↓↓

CHLOsh (クロッシュ) 除菌 消臭スプレー [ 次亜塩素酸ナトリウム ] ラージサイズ (500ml) 200ppm / 部屋用 キッチン トイレ 衣類用 除菌スプレー

新型コロナウイルス 診断方法

医療機関・検査機関の向け・診断方法にはどのようなものがあるのか?

●診断方法としては、核酸増幅法(PCR法など)がありますが、実際に検査を検討する場合は、「疑似症定点」の医療機関から疑似症として保健所に届出後、地方衛生研究所または国立感染症研究所で検査することになります。

まずはお近くの保健所にお問い合わせした方がいいと思いました。

肺炎を認める際には、市中肺炎の他、インフルエンザやアデノウイルス感染症が鑑別に挙げられます。そのほか、渡航歴などにより、MERSなども追加して鑑別に挙げられます。

どのような治療方法があるかといいますと、有効な抗ウイルス薬等の特異的な治療法はなく、対症療法を行います。

新型コロナウイルスに関連した感染症の発生に係る検疫対応について職員の感染対策について、健康カードの手交はサージカルマスクを着用し、 疑いがある者を対応する際は、サージカルマスクを含めた標準予防策の実施を厚生労働省健康局結核感染症課からです。

新型コロナウイルス 死者 中国 1月30日

中国・武漢市で発生し、感染が拡大している新型コロナウイルスは中国本土での感染者は7,711人、死者は170人になった(1月30日現在)です。

新型コロナウイルス 日本で感染者

日本では、武漢よりチャーター機で帰国した40~50代の男女3人から、新型コロナウイルスの陽性反応を確認。このうち2人に関しては発熱などの症状が出ておらず、感染していながら症状がない“無症状病原体保有者”として国内で初めて確認されたケースとなったのです。

厚労省の担当者は会見で、ヒトからヒトへの感染について認めたが、現時点で日本国内においては「広く流行が認められる状況ではない」とした。

新型コロナウイルス 死者数-感染者数推移【日本厚生労働省-中国国家衛生健康委員会発表

フェイクニュースもある注意を

だが、新型コロナウイルスについては、その不安の大きさから、インターネット上には「バナナを食べると感染する」といった荒唐無稽なものから「致死率は15%」「突然倒れて吐血する」といった、不安を煽るフェイクニュースも流れ始めています。

世界に流れていますので、常に最低限の予防はしないといけないです。

スポンサーリンク スポンサーリンク

関連記事

  1. 糖尿病 飲み物

    健康・病気ニュース情報

    糖尿病予防の飲み物で血糖値下げる効果は【お茶・コーヒー・牛乳・お酢が効果的

    糖尿病予防に良い飲み物とは ズバリ何か? 看護師の観点からもお伝えして…

  2. 健康・病気ニュース情報

    うつ病 厚生労働省元のチェック方法・サインわかりやすく解説

    日本では、うつ病の患者が年々増えているといわれています。新年度になり、…

  3. 健康・病気ニュース情報

    厚生労働省 うつ病【復職】職場復帰のために本人-家族気をつける3つポイント

    厚生労働省 うつ病 復職について現在の厳しい経済情勢の中、仕事…

  4. 健康・病気ニュース情報

    インフルエンザ 厚生労働省 出勤停止 出席停止期間【正しい数え方と法律について

    インフルエンザ 厚生労働省 出勤停止 出席停止期間 正しい数え方と ど…

  5. 健康・病気ニュース情報

    インフルエンザ 厚生労働省 ポスター簡単まとめ ポスターダウンロードURLも

    ①インフルエンザ 厚生労働省 ポスター内容について②毎年、冬に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 糖尿病 飲み物

◇関東の整形外科病院に勤務してる医療国家資格者がお届けしてます◇
私自身、腕や足を骨折したり膝の靭帯損傷などいろいろなケガを体験し、そこからリハビリやサポーターなどの治療や体操・ランニング・スポーツを通して生涯健康を目指してる真っ最中です。
皆さまにも健康寿命が少しでも長くいられるようためになる情報をお届けしていきます!
このサイトは「理学療法士-看護師」が監修・管理しております。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。