健康・病気ニュース情報

新型コロナウイルス 死者数-感染者数推移【日本厚生労働省-中国発表-WHO

スポンサーリンク

全世界が注意し用心しないといけない恐ろしく怖い、新型コロナウイルスです。中国で発生し世界的に感染が拡大する新型コロナウイルスへの対応について、世界保健機関(WHO)健康危機管理プログラムのトップが1月29日から、注意を呼びかけています。

2020年2月21日追記 厚生労働省・中国発表

中国・湖北省の保健当局は新型コロナウイルスに感染して死亡した人が20日新たに115人増えたと発表。

これで中国の感染者数、死者の数は
2月21日12:00現在、日本国外で新型コロナウイルス関連の肺炎と診断されている症例及び死亡例の数は

中国 感染者数75,465 死者数2,236

 厚生労働省やWHO発表

スポンサーリンク

2020年2月19日 厚生労働省・中国・WHO発表

・海外の国・地域の政府公式発表に基づくと、2月19日12:00現在、日本国外で新型コロナウイルス関連の肺炎と診断されている症例及び死亡例の数は以下のとおり。

 

国・地域 感染者数 死亡者数
中国 74,185 2,004

 

日本国内の発生状況について
・2月19日12:00現在、59例の患者、14例の無症状病原体保有者が確認。※1 うち日本国籍44

 

中国国家衛生健康委員会発表 2020年1月30日 死者数・感染者数は

中国国家衛生健康委員会は1月30日、新型ウイルスによる死者が170人に達し、感染者は7711人に上ったと発表しています。

新型ウイルスに感染した人の多くは「穏やかな症状」しか見られず、約2割が肺炎や呼吸器不全などの重大な影響を受けているとの事です。

大流行・混乱したさわぎの中、何千人もの患者が治療を受けているので、患者たちが生きるのか、死ぬのかは誰もが分からないのです。

そのため、そうした新型ウイルスに感染した人を計算に含めることは出来ないので、患者数に対する死亡者数の割合を発表するのは早いのではないかと個人的に思いました。

新型コロナウイルスの重症化からの致死率

重症急性呼吸器症候群では患者のおよそ20%が呼吸不全などで重症化し、中国国内では7%、世界全体では9・6%が亡くなっていたのです。

一方、新型ウイルスではこれまでに約20%が重症化し、2・3%が死亡している事も調べましたら分かりました。

感染者は中国以外にも広がり、これまでに19の国と地域で100人を超す人が感染している事もニュースやネットにも書かれていますので、日本も要注意しないといけないと思いました。

スポンサーリンク

日本厚生労働省 2020年1月発表 感染者・死亡者の人数

厚生労働省のまとめによりますと、1月28日正午現在、世界各国で確認された感染者は4561人に上ったのです。

このうち中国国内の感染者が4515人を占め、死亡者は106人が報告されています。

 

新型コロナウイルスのワクチンや特効薬は?

インフルエンザよりも怖い新型コロナウイルスです。

死亡した患者は高血圧や糖尿病、それに心臓や血管の病気といった免疫を低下させるような人が多かったそうです。

新型コロナウイルスはこれまで経験したことがなかった新型のウイルスなので特効薬やワクチンはないのです。

感染しないため対策なのは、せき・くしゃみが出る場合でしたら、マスク、人混みを避ける、手洗いといった日常生活の中での防衛を心掛けるしかないのです。

新型コロナウイルスに注意をするのと同じくらいインフルエンザ予防にも力を入れる必要がありそうです。

それが、コロナウイルスの感染予防にもなると思われますのが、アルコール消毒も有効だとされています。

コロナウィルスの消毒にもよいと言われる次亜塩素酸ナトリウムの消毒液です。売り切れになる前にチェックしておくといいですよ↓↓

CHLOsh (クロッシュ) 除菌 消臭スプレー [ 次亜塩素酸ナトリウム ] ラージサイズ (500ml) 200ppm / 部屋用 キッチン トイレ 衣類用 除菌スプレー

コロナウイルスはインフルエンザのウィルス同じように、発症するまで感染が分からないのです。
そのため、感染していながら何も症状がなく、自分でも気づいていない人がたくさんいる可能性が非常に高いので、中国での感染者が発表の数倍というのも納得です。

したがって日本にも、表に出ていない感染者がすでにかなりいるのではないでしょうか?
今後感染者が増えたり、ウイルスが変異したりすれば致死率が変動する可能性もあると思います。

 

ワクチンが開発されず、患者や死者を増やし感染範囲を拡大している新型コロナウイルスですが、「ワクチンはいつ開発されるのか?」など世界中の方ほとんどが思っていると思います。

新型コロナウイルスのワクチンが1日早くできることを祈るのと、最低限自分で出来る事をする事だと思います。

コロナウイルスワクチン「今年の夏頃に期待」出来るのでは?とネットに書き込まれていますのでワクチンがないと思っていたのですが、ネットの書き込みで少しは安心しました。

テレビや新聞ネットで話題になっているので皆さん知っていると思いますが、今回の新型コロナウイルスに感染し、発症した際の主な症状は、発熱、せき、息苦しさなど呼吸器症状、それに、筋肉痛やけん怠感などが報告されているということです。

重症化した場合、肺炎や呼吸困難を引き起こしたり、腎臓の機能が低下したりすることがあるということです。

今後とても気をつけていきたいと思います。

新型コロナウイルス 予防 厚生労働省発表まとめ【効果的予防方法6選】前のページ

新型コロナウィルス 症状 厚生労働省とWHO 発表【症状-重症化の特徴症状7つとは?次のページ

関連記事

  1. 健康・病気ニュース情報

    コロナ 給付金【いつから申請方法 申請書類 申請場所簡単まとめ

    コロナ 給付金 【いつから 申請方法、申請書類 申請場所政府よ…

  2. 健康・病気ニュース情報

    厚生労働省 うつ病【復職】職場復帰のために本人-家族気をつける3つポイント

    厚生労働省 うつ病 復職について現在の厳しい経済情勢の中、仕事…

  3. 健康・病気ニュース情報

    コロナ 給付金 対象者【年金受給者,母子家庭,パートは対象か?方法簡単説明まとめ

    コロナ 給付金 対象者 【年金受給者 母子家庭 パートについて…

  4. 健康・病気ニュース情報

    ノロウイルス 厚生労働省発表 消毒・アルコール次亜塩素酸ナトリウムの方法!

    ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、嘔吐、下痢、腹痛などの症状を…

  5. 健康・病気ニュース情報

    インフルエンザ 厚生労働省 マスクは効果ある!?マスクより手洗いうがいを

    インフルエンザ 厚生労働省 マスク厚生労働省は、体調に不安があ…

  6. 健康グッズ

    熱中症対策マスク着用予防策4つ-夏用マスク-マウスシールドーネックウォーマーおすすめ

    熱中症対策 マスク着用時の気をつけること4つ、おすすめ夏用マスクまとめ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事


◇関東の整形外科病院に勤務してる医療国家資格者がお届けしてます◇
私自身、腕や足を骨折したり膝の靭帯損傷などいろいろなケガを体験し、そこからリハビリやサポーターなどの治療や体操・ランニング・スポーツを通して生涯健康を目指してる真っ最中です。
皆さまにも健康寿命が少しでも長くいられるようためになる情報をお届けしていきます!
このサイトは「理学療法士-看護師」が監修・管理しております。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。