テニス肘の治し方簡単マッサージとテーピング巻き方と注射の注意点

スポンサーリンク

テニス肘の治し方:簡単マッサージ方法、自分で巻けるテーピングのやり方、注射の注意点 最終手段で

①幅広い年齢で起こるテニス肘の痛み。
大好きなテニスを長年行っている方に起こる病気と思いがちですが、スマートフォンを始め、簡単な手作業からテニス肘の痛みに悩まされることもあるのです。この前の患者さんでは、飲食のパート仕事でお皿や箸・フォークの箱を吐こう作業が多く肘が痛くなってきたと… マッサージ方法やテーピングで痛みが軽減してきたのでその方法も紹介していきます!

今回は、テニス肘の治し方に関するマッサージ方法や、自分で簡単に出来るテーピングのやり方、また、注射による治療方法をご紹介します。

スポンサーリンク

②-1テニス肘の治し方 簡単マッサージ方法

②-1-1お手軽に出来る!テニス肘を治すマッサージ方法

違和感がある箇所は、どうしても強く押してしまいがち。
手の平でグニグニ揉むのではなく、少し違ったやり方でテニス肘を治していきましょう。
肘だけでなく、背中、肩腰の痛みにも効果があるので、コツをつかむと色々役立ちますよ。

②-1-2マッサージ方法

まず、テニス肘の痛みがある腕を、反対の手の親指と人差し指で優しく前腕を押していきます。
そうすると、肘に近くに凝りが見つかると思いますので、その部分を痛くない程度に指先で押します。
物足りないようなら、親指の付け根でグッと3秒程押して離す、を3回ほど行いましょう。
次に、手首を上下に動かしながら凝りを押さえます。
筋肉が動くので、よりほぐしやすくなりますよ。
仕上げに手で輪っかを作り、前腕全体を上下にマッサージして血行を促します。
何日か繰り返すうちに、前腕の筋肉がほぐれ、テニス肘も改善していきますよ。

②-1-3テニス肘を治すマッサージ方法動画

より分かりやすいマッサージ方法を紹介しているおススメ動画を探してみました。
すぐにでもやってみたくなりますよ。

・超簡単!テニス肘 自宅で出来るマッサージ
指から肘の筋肉をほぐしていきます。
手元や、マッサージ位置も見やすい位置で撮影されていておススメです。

 

 

・腕が痛いのを改善するマッサージ

1分以内で見終わる事が出来る分かりやすい動画です。
基本的なテニス肘マッサージ方法なので、観ておいて損はないですよ。

 

さらに効果をあげるためにストレッチ方法もあります!こちらも簡単にできますので参考にしてください↓

テニス肘の治し方【ストレッチ効果倍増方法-湿布の注意点-効くツボ

 

②-2テニス肘の治し方 テーピング

②-2-1初心者でも大丈夫!テニス肘を治すテーピングのやり方

テニス肘の痛みの位置や、密着度、固定度がより高いのがテーピングです。
正しいやり方を知れば、スポーツ中でもはがれにくく、動きやすくなり、パフォーマンスの向上につながります。

②-2-2基本的なテニス肘のテーピング方法

スポンサーリンク

準備するものは50ミリ幅のネキシオテープとハサミです。

・基本的な自分で出来るテーピング
まず、腕をL字90度に曲げた状態で、手の甲を上にし、親指の付け根ぐらいから上腕までの長さにテープを切ります。
肘の先から5センチ程上までで取るといいでしょう。
前腕から上腕の痛む部分までテープを貼ります。

・外側が痛む場合
バックハンドで痛むテニス肘に使いたいテーピング方法です。
出来れば誰かに手伝ってもらうと巻きやすいですよ。
上記の方法までは一緒ですが、手伝ってもらう時、しっかりテープを引っ張りながら貼ってもらうとより効果的です。

次に、手首の関節に沿って約一周巻きます。
親指の付け根から手の甲、内側、手の甲の真ん中で巻き終わりになるようにしましょう。
最後に前腕の一番太い部分にも約一周巻きます。
内側から外側へ向けて肘関節にかからないように巻きます。

・内側が痛む場合
フォアハンドで打つとき、腕の内側が痛む場合に使えるテーピング方法です。
こちらも誰かに協力して貼ってもらうといいですよ。

1.軽く腕を伸ばして、手のひらを上にします。
親指の付け根から前腕の内側から肘の内側の骨に向かって貼ります。
少し引っ張りながら、肘の内側の骨よりやや長めに貼るのがコツです。
最後に前腕の太い所に一周巻きます。

2.今度は内側から巻き始め、肘の骨の内側へ向けてらせん状に巻きます。
引っ張りながら貼るので、肘の骨より5センチ程長く巻くと効果的です。

私は一人でテーピングをする時に、反対の手首の付け根で押さえながら引っ張って貼っていますよ。
意外とテンションが効いて貼りやすいので、ぜひ試してみてください。

 

▼テーピングの画像つき方法は、こちらの記事でまとめました↓↓テニス肘になりずらい予防の普段の手の使い方にもピンポイントアドバイスを書いてます↓

肘の痛み外側の原因【治療効果大の即効テーピングや手の使い方説明

 

②-3テニス肘の治し方 注射

②-3-1テニス肘を治す、注射療法とは?

テニス肘は筋肉の炎症が原因で痛みが起こっています。
痛みを抑えるには、抗炎症作用や鎮痛作用のある湿布や塗り薬などを使う、ストレッチ、マッサージなどを行うと改善する場合もあります。

しかし、どんな方法を使っても一向に良くならない場合は整形外科やペインクリニックなどで注射を使うようになります。
腰や肩の関節の痛みには神経ブロック注射やヒアルロン酸注射を施しますが、テニス肘にはステロイド注射を施します。
炎症を抑える作用が強く、痛い場所に直接行うのでかなり効きますが、副作用がある為、何度も行えませんし、病院によっては3回以上行う事は禁止している所もあります。

また、注射直後しばらく痛むといった事もありますが、これはステロイドが炎症を鎮めている働きによるものなので、しばらくすると肘の痛みと共に消えるので安心してください。

ステロイド注射は最後の手段と考えていただき、出来るだけ早い段階で肘を安静に保ち、自然治癒を促すことをおすすめします。

③まとめ
・コリの部分を押さえ、血行を良くすることが大事
・腕の痛みが内側か外側かによって貼り方が違う
・テニス肘治療のステロイド注射は最後の手段

誰にでも起こりうるテニス肘。
痛みがあるなと感じたら、無理に動かさないことが肝心ですね。
マッサージやテーピングは気軽に試せるので、ぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 肘サポーター100均ダイソーセリアおすすめ品!マクダビッドの付け方も

    肘サポーター 100均まとめ①スポーツをしている方…

  2. 肘の痛み外側の原因【治療効果大の即効テーピングや手の使い方説明

    肘の外側が痛い原因は?痛む時の即効できる対処法である手を使うときの適切…

  3. 肘が痛い内側の原因に治療はこれ!テーピング自分で貼れる簡単-効果的方法

    肘の内側が痛くなる原因や治療は?症状を改善するテーピング方法は?…

  4. テニス肘の治し方【ストレッチ効果倍増-湿布の注意点-効くツボ

    テニス肘の治し方:効果的なストレッチ、湿布の注意点、効く~~ツボについ…

  5. テニス肘の治し方【サポーターおすすめランキング3-効果-つけ方位置はここ

    テニス肘のサポーター:おすすめランキングベスト3、つけ方位置、効果…

  6. 肘サポーターゴルフ肘おすすめ3選【医療-スポーツ用効果的なつけ方位置はここ

    ゴルフ肘におすすめサポーターランキングベスト3、医療用メーカーやスポー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事


◇関東の整形外科病院に勤務してる医療国家資格者がお届けしてます◇
私自身、腕や足を骨折したり膝の靭帯損傷などいろいろなケガを体験し、そこからリハビリやサポーターなどの治療や体操・ランニング・スポーツを通して生涯健康を目指してる真っ最中です。
皆さまにも健康寿命が少しでも長くいられるようためになる情報をお届けしていきます!
このサイトは「理学療法士-看護師」が監修・管理しております。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。