肘痛い原因-内側【ゴルフ肘やテニス肘の治し方!おすすめサポーターはこれ

スポンサーリンク

肘の内側の痛みについて、原因を説明します。別名:ゴルフ肘やテニス肘と呼ばれ、その正体とは?

肘痛治し方で、患者さんにおすすめして治療効果がでてるので、おすすめサポーターの適切なつける位置もご紹介します。

 

➀転んだりしたわけでもないのに、肘の内側が痛いということはありませんか。
原因が分からないと不安になりますよね。それに、日常生活を送るために、腕を使わないわけにはいきません。
今回は肘の内側の痛みに原因である、ゴルフ肘やテニス肘についてとその症状を緩和するためのサポーターについてご紹介します。

②-1肘の内側が痛む原因とは?ゴルフ肘やテニス肘の正体とは…

②-1-1ゴルフ肘やテニス肘とは?
前腕部に繰り返しストレスがかかると、その筋肉の付け根である肘に炎症をおこし痛みがおこります。前腕の手のひら側の筋肉に疲労がたまり、固くなって肘にかかる衝撃が増えるためです。前腕の筋肉が伸びずに腱が引っ張られ炎症がおこるのです。
手首の曲げ伸ばしや、引っ張ったり強く握った時、腕のねじれで痛みが生じます。

スポンサーリンク

ゴルフやテニスをする人に多くみられるので、「ゴルフ肘」「テニス肘」といわれることがありますが、正式には「上腕骨内側上顆炎」といいます。

スポーツをする人だけに現れるのではなく、毎日の家事やPCやスマートフォンのなど同じ動作を続けていると、誰にでもおこる可能性があります。

 

②-1-2ゴルフ肘やテニス肘ではサポーターが効果的!
肘の内側に痛みがある時は安静にすることが一番です。しかし、日常生活を送る上では難しいものです。そんな時はテーピングやサポーターを使用するのが効果的ですが、なぜサポーターが効果があるのでしょう?

肘の内側に痛みがある時は、輪に腕を入れてベルトで前腕を固定するタイプのバンドを使用します。バンドで前腕の筋肉を止めるということは、指や手首を動かしても筋肉がサポーターまでしか動かないということです。これにより、バンドから上の肘あたりの負担を軽減させることができるというわけです。

②-2ゴルフ肘やテニス肘 効果的なサポーターの位置は?

②-2-1サポーターの位置が大切な理由と巻く位置
先ほど述べたように肘の内側が痛む時は、前腕の筋肉を効果的に止めなければ意味がありません。そのためには止める位置が大切となります。

付ける位置は、肘よりおよそ指4本分下で前腕の筋肉が一番太い部分です。これより肘や指側のどちらかに寄っていると、サポーターの効果がうまく発揮できません。

そしてもう一つ大切なことは、内蔵されているパッドを当てる位置です。パッドは自分の痛む方の肘についている筋肉を抑える必要があります。内側の肘が痛む場合は、パッドが前腕の内側に来るように巻きます。

あとはベルトを引っ張って、強すぎず弱すぎず適度な強さで固定します。

 

肘の外側が痛い人の治し方で、テーピングや手の使い方を詳しく説明してます↓↓ぜひご参考に

肘の痛み外側の原因【治療効果大の即効テーピングや手の使い方説明

 

②-3ゴルフ肘やテニス肘におすすめのサポータはこれ:厳選3つ

②-3-1お勧めのサポーター3選
ゴルフ肘、テニス肘の痛みに効果のあるお勧めのサポーターを3つご紹介します。いずれもお手頃な値段で、ネットなどでも気軽に購入することができます。

・エルボーレスキュー(ブラック) 丸光産業
内側に装備されたパッドが肘にかかる負担を分散し、軽減してくれます。ストラフレックスという通気性、伸縮性に富んだ素材を使用しているので長時間着けることが可能です。

スポンサーリンク

エルボーレスキューフリーサイズブラック

・肘用サポーター エルボーバンド ZAMST
ストラップとエルボーパッドで肘への負担を軽減してくれます。肌に触れる部分は吸汗速乾に優れており、また腕の形や運動時にもフィットしやすいです。

ザムスト(ZAMST) ひじ サポーター エルボーバンド テニス ゴルフ Lサイズ 左右兼用 ブラック 374703

・サポーター ドクターエルボーA80 GOSEN
ドイツ製の医療器具の一つです。筋肉のメカニズムに基づいて考えられており、痛む部分だけ集中して保護します。筋肉への衝撃が肘の痛む部分へ届く前に吸収し、分散します。

ゴーセン(GOSEN) ドクター・エルボー ホワイト M A80

 

▼外側の痛い人向けのサポーターとつける位置を説明してます。

肘の外側が痛い時のサポーターおすすめ3選-つける位置はここ!

 

 

③まとめ
今回は肘の内側が痛くなるゴルフ肘やテニス肘についてと、サポーターについて紹介しました。
スポーツをする人だけでなく、PCやスマートフォンを使用している人にとっては身近な症状と言えるでしょう。使い過ぎが原因ですので、予防することも可能というわけです。肘の内側が痛む人は、自分の生活習慣を見直す必要があるかもしれません。

また、サポーターは症状を緩和する効果がありますので、いざという時はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

  1. テニス肘の治し方簡単マッサージとテーピング巻き方と注射の注意点

    テニス肘の治し方:簡単マッサージ方法、自分で巻けるテーピングのやり方、…

  2. ゴルフ

    ゴルフ肘の治し方【副作用がないツボ-注射の注意点-原因女性はなりやすい?

    ゴルフ肘の治し方まとめ:効果的で副作用がないツボ、注射の効果-…

  3. 肘サポーター100均ダイソーセリアおすすめ品!マクダビッドの付け方も

    肘サポーター 100均まとめ①スポーツをしている方…

  4. 肘の外側が痛い時のサポーターおすすめ3選-つける位置はここ!

    肘の外側が痛い時にサポーターはどうか?おすすめのサポーター3選。つける…

  5. ゴルフ肘の治し方で痛みにストレッチとテーピング効果的な巻き方

    ゴルフ肘の治し方「段階的なストレッチ、効果的なテーピング巻き方・自分で…

  6. 肘サポーターゴルフ肘おすすめ3選【医療-スポーツ用効果的なつけ方位置はここ

    ゴルフ肘におすすめサポーターランキングベスト3、医療用メーカーやスポー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事


◇関東の整形外科病院に勤務してる医療国家資格者がお届けしてます◇
私自身、腕や足を骨折したり膝の靭帯損傷などいろいろなケガを体験し、そこからリハビリやサポーターなどの治療や体操・ランニング・スポーツを通して生涯健康を目指してる真っ最中です。
皆さまにも健康寿命が少しでも長くいられるようためになる情報をお届けしていきます!
このサイトは「理学療法士-看護師」が監修・管理しております。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。