足の親指が痛いつま先が【女性編-糖尿病-チクチクの3つを詳細に

スポンサーリンク

足の親指が痛い、痛っっ、つま先が痛~~~いとお悩みのあなたに女性、糖尿病、チクチクの3つの項目について詳しく解説します。つま先と親指の外側の痛みでは原因・病気が違うので下にまとめてます。

➀足を怪我したわけではないけど、足の親指に痛みを感じて眠れないといった経験はありませんか?

特に女性に見られる足の親指が痛い病気、糖尿病の可能性、足の親指がチクチク痛むときはどんな病気なのかをご紹介します。

%e3%83%92%e3%83%bc%e3%83%ab

スポンサーリンク

足の親指が痛い!そんな時には女性に多くみられる病気、糖尿病、チクチクするときの病気の可能性が

➁-1足の親指が痛い 女性編

➁-1-1特に女性に見られる足の親指が痛む病気とは?
女性が足の親指に痛みを感じる病気で、男性に多いと思われがちな痛風や巻き爪がありますが特に女性に最も多いのが外反母趾です。
ハイヒール、パンプスなどはつま先が細くなっている為、高いヒールでつま先に体重がかかり、足先の骨への負担になるのです。

➁-1-2外反母趾の原因とは?
ヒールの高い靴、つま先の狭い靴を履くことで発症すると考えられがちですが、サイズが合った靴を履くようにすれば問題ないのです。
そもそもの原因はつま先立ちでちょこちょこ歩くなど不安定な歩き方をする事や、足の指をしっかり使わないで歩く事が原因で起こります。

➁-1-3外反母趾の症状とは?
足の親指の骨が大きく変形し、本来正面を向いている親指が人差し指方向へ、まるでくの字のように曲がっているのが特徴。
靴を履くと内側で親指の付け根が酷く擦れてしまい、靴擦れになるのと、関節が無理な方向に曲がるので体重をかけるとかなり痛みます。

➁-1-4外反母趾の予防、解消方法
靴が合ってないのも原因ですが、つま先が滑らないようにするのが大事です。
指先全体で体重を支える必要が有るので、中敷き、インソールを使用するのが効果的。
また、家に帰り裸足になった時につま先で物を拾う、つま先じゃんけんなどをして、つま先を意識的に使うようにすると指に力が入りやすくなります。

さらに外反母趾対策には歩き方のコツもあります↓

外反母趾の治し方正しい歩き方3つのコツと効果的なテーピング

 

➁-2足の親指が痛い 糖尿病編

➁-2-1糖尿病の可能性?
糖尿病の合併症として人口透析が必要になる腎症、視力が落ちる網膜症と並んで、手足に起こる神経症があります。
これらは簡単に言うと、高血糖状態が続き、血管や神経に負担がかかるために起こります。

➁-2-2糖尿病性神経障害
糖尿病の合併症で、足の親指が痛む糖尿病性神経障害の初期症状としてはまず手足の指先・つま先にかゆみを感じます。
次の段階になると痛み出し、次第に何も感じなくなります。
手袋や靴下をずっと履いているような感覚になり、ケガや水虫などに気が付かず化膿し、壊死してしまいます。
手足の切断を選択しないといけなくなる前に、食事療法や薬物療法があるので、血液検査で異常を発見した段階で気を付けていれば症状の進行を遅らせることが可能です。

スポンサーリンク

 

➁-3足の親指が痛い チクチク編

➁-3-1足の親指がチクチク痛む時に考えられる病気とは?
チクチクした痛みというのは外傷的な痛みとは違い、神経的な痛みが多いです。
いくつか考えられる病気を紹介します。

血行障害
つま先がキツイ靴を履いていると足の指に血が流れにくくなり、チクチクした痛みを感じます。
特に立ち仕事をされている方や、夕方になると痛む方が多いです。
予防方法としては靴のサイズの見直しや中敷きを使う、または足湯をする、つま先ストレッチを心がけることで痛みが和らぎます。

痛風
足の親指に痛みを感じることで最も考えられるのが痛風。
痛風の初期症状として、チクチクとした我慢が出来る程度の痛みがあります。
あまり放置しておくと悪化し、強烈な痛みに発展するので食生活の改善や、内科での血液検査をしてみることをおすすめします。

糖尿病神経障害
糖尿病初期の合併症で手先、足の指にピリピリ、チクチクした痛みやしびれが起こります。
人間ドックで注意を受ける、食生活が乱れていると感じている方は一度行院での検査をしてもらう事をおすすめします。

その他
巻き爪、雑菌感染などが考えられます。
足の親指は体重がかかるので食い込みやすく、雑菌も入り込みやすいので爪を切るときは深爪になり過ぎないよう注意してください。
私は巻き爪を我慢し続けた為、チクチクしていた程度の痛みが激痛に変わり、爪をはがす羽目になることがありました。
チクチクの時点で、皮膚科に行くことが大事に至らずに済みますよ。

 

足の親指が片方しびれる原因-足以外・自体で違いが!何科に受診?

③まとめ
足の親指の痛みから様々な病気の可能性が考えられ、外反母趾は靴の中敷き、インソールを使う事で予防できることや、足指ストレッチで痛みを緩和できます。
また、足の親指の痛みで危険なのは糖尿病神経障害で、痛みがあるうちに治療を受けておくことが大事。
チクチクした痛みでも糖尿病、痛風の初期症状が考えられますし、血行障害は女性に気を付けてほしい症状です。
あまり我慢せず、気になる痛みがあれば整形外科か内科を受診しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 足の親指の爪が痛い!内出血を自分で抜く方法-パンプス・靴の選び方

    もしあなたが「足の親指の爪が痛い!覚えがないのに爪に内出血が溜まってい…

  2. ランニング

    足底筋膜炎インソールおすすめ-サポーター保険適用は?処方の流れ

    足底筋膜炎におすすめのインソールやサポーターは?一般で売られて…

  3. こむら返り予防対処全まとめ薬漢方で激痛後も効果!ふくらはぎつる原因対策も

    こむら返り予防対処法の全まとめ!薬漢方やストレッチで激痛後も効果があり…

  4. くるぶしの腫れ-下が痛い【外側と内側-痛みなしぷよぷよ正体は?

    くるぶしの下の痛みや腫れ 外側と内側が痛い時のそれぞれの原因は?腫れて…

  5. かかとが痛い!靴擦れ身近な対策-靴下はこれ-靴-底選びコツ3つ

    かかとが超絶痛い!靴擦れに身近なもので簡単対策、靴選び、ひび割れに靴下…

  6. かかとが痛い原因にテーピング巻き方-サポーターおすすめスポーツ用-子供

    かかとが痛い原因の治し方【テーピング巻き方・簡単方法、サポーターおすす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事


◇関東の整形外科病院に勤務してる医療国家資格者がお届けしてます◇
私自身、腕や足を骨折したり膝の靭帯損傷などいろいろなケガを体験し、そこからリハビリやサポーターなどの治療や体操・ランニング・スポーツを通して生涯健康を目指してる真っ最中です。
皆さまにも健康寿命が少しでも長くいられるようためになる情報をお届けしていきます!
このサイトは「理学療法士-看護師」が監修・管理しております。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。