健康・病気ニュース情報

インフルエンザ 厚生労働省 リーフレット内容まとめ簡単に分かりやすく説明!

スポンサードリンク

リーフレットとは(英: leaflet)、宣伝・広告・案内・説明などのために、1枚の紙に刷られた印刷物のことです。

インフルエンザのリーフレットにのってる内容をまとめていきます。↓

「インフルエンザ患者に突然起こる異常行動と命を守る対策方法」

[インフルエンザによる異常行動を知っていますか?]

異常行動による転落等の事故を防ぐためのお願い(患者さん・ご家族・周囲の方々へ)

インフルエンザはインフルエンザウイルスによって引き起こされる急性の感染症です。

1~3日間の潜伏期間のあとに高熱や全身のだるさ・関節痛などが突然あらわれ、その後咳・鼻水などの上気道炎症がつづきます。

インフルエンザは風邪に比べて全身への症状のあらわれ方が強いことが特徴ですが、1週間ほどで軽快するとされています。

近年、インフルエンザ療養中の患者全体の約10%に異常行動などの精神・神経症状が起こる可能性があると報告されています。

そのため厚生労働省では、インフルエンザ患者やその家族・関係者にむけてインフルエンザによる異常行動についてのリーフレットを作成し、注意喚起を行っています。

今回はインフルエンザにかかった時に起こりやすい異常行動の具体例や、命を守るための対策方法についてお伝えいたします。

スポンサーリンク

[インフルエンザ患者の異常行動ってどんな行動?]

厚生労働省が作成したリーフレットによりますと、インフルエンザ患者の異常行動には次のような報告例があります。

・突然立ち上がり、部屋から出ようとする
・興奮してベランダから飛び降りようとする
・人に襲われる恐怖をおぼえて、外に走り出す
・突然笑い出し、階段をかけ上がろうとする
・自宅から出て外を歩いていて、話しかけても反応しない
・変なことを言い出し、泣きながら部屋の中を動きまわる

最悪の場合は、とてもまれではありますが、高い場所からの転落死亡事故も報告されています。

突然、あなたの大切な人が普段とは違うこのような行動を見せたらインフルエンザによる異常行動の可能性があるかも知れません。

スポンサーリンク

[インフルエンザ療養中の異常行動っていつ、どんな人に起きやすいの?]

厚生労働省によると、インフルエンザによる異常行動は発熱から2日以内に起こることが多くみられるということです。

また、小・中学生から未成年者の男子に多くみられる傾向があるとも報告されています。

しかし、女子や成人でもインフルエンザによる異常行動を確認しているとの報告もあり、インフルエンザにかかったらその後の観察経過がとても大切になります。

スポンサーリンク

[抗インフルエンザ薬の服用と異常行動との関連性は?]

「インフルエンザかも?」と思ったらまずは医療機関を受診することが大切です。

検査・診断が確定すると抗インフルエンザ薬を処方されますが、「薬を服用中に異常行動を起こした」という報道を耳にしたことはありませんか?

しかし、厚生労働省では抗インフルエンザ薬の服用の有無にかかわらず、異常行動は起こっているという報告もあり、抗インフルエンザ薬の服用と異常行動の因果関係は不明としています。

抗インフルエンザ薬の服用よりも、インフルエンザウイルスそのものによって異常行動が引き起こされるのではないかというのが今現在の見解のようです。

抗インフルエンザ薬の服用と異常行動との関連性については、今後の調査・研究が待たれるところです。

見出し5[インフルエンザによる異常行動にどう対策すればいいの?]

あなたの大切な人がインフルエンザにかかってしまったら、異常行動による万が一の事故を防ぐためにできることがあります。厚生労働省のリーフレットによりますと、

・玄関や全ての部屋の窓を確実に施錠する(内かぎ・チェーンロック・補助かぎがある場合はその活用を含む)
・窓に格子がある部屋がある場合は、その部屋に寝かせる
・ベランダに面していない部屋で寝かせる
・一戸建てにお住まいの場合は、できる限り1階で寝かせる

先ほども触れましたが、インフルエンザによる発熱から少なくとも2日間は抗インフルエンザ薬の服用の有無にかかわらず、異常行動が起こる可能性があります。

患者が眠りから覚めた時に異常行動がおこりやすいとの報告もありますので、就寝中も以上のような対策をして患者が一人きりにならないように注意しましょう。

[まとめ]

インフルエンザによる異常行動と対策方法については、以上となりますが、ここで気を付けたいことがもう一つあります。

インフルエンザによる異常行動を恐れるあまり、病院から処方された薬を飲まないという自己判断は大変危険です。

インフルエンザの兆候があり、医療機関で診察を受ける際には、あなたが不安に思っていることを主治医にきちんと伝えましょう。

あなたの大切な人を守るために、インフルエンザへの正しい知識を持ち、適切な対処をすることをおすすめします。

インフルエンザ 厚生労働省 対策【感染予防3つのポイント】

スポンサーリンク スポンサーリンク

関連記事

  1. 健康・病気ニュース情報

    厚生労働省 手洗いポスター リーフレット【感染症の予防と正しい手洗い方法-手順

    厚生労働省 手洗いポスター リーフレットまとめ今、日本国内の様…

  2. 健康・病気ニュース情報

    うつ病 厚生労働省元のチェック方法・サインわかりやすく解説

    日本では、うつ病の患者が年々増えているといわれています。新年度になり、…

  3. 健康・病気ニュース情報

    健康寿命ランキング都道府県2020-2019-2018年【最新ベスト-ワースト5を延ばす!

    健康寿命ランキング都道府県別ベスト-ワーストトップ5と健康寿命をのばす…

  4. 健康・病気ニュース情報

    厚生労働省 手洗いマニュアル・手順をわかりやすく簡単説明!重要性-タイミングとは

    食中毒は、飲食店や食品を扱う施設だけでなく、家庭の食事が原因の場合もあ…

  5. 健康・病気ニュース情報

    睡眠時間の理想は年齢別10代20代30代40代50代厚生労働省もとに

    自分にとっての理想ベストな睡眠時間とは?厚生労働省の推奨のもと年齢別に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 産後ガードル ワコール
  2. 首こり タオル枕

◇関東の整形外科病院に勤務してる医療国家資格者がお届けしてます◇
私自身、腕や足を骨折したり膝の靭帯損傷などいろいろなケガを体験し、そこからリハビリやサポーターなどの治療や体操・ランニング・スポーツを通して生涯健康を目指してる真っ最中です。
皆さまにも健康寿命が少しでも長くいられるようためになる情報をお届けしていきます!
このサイトは「理学療法士-看護師」が監修・管理しております。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。