くるぶしの腫れ-下が痛い【外側と内側-痛みなしぷよぷよ正体は?

スポンサーリンク

くるぶしの下の痛みや腫れ 外側と内側が痛い時のそれぞれの原因は?腫れても痛みが無い時の原因は?

➀運動をしたり、転んだ覚えもないのにくるぶしの下が痛むという事はありませんか。

外側が痛む場合と外側が痛む場合は原因が違うことがあります。
また、くるぶしが腫れてぷよぷよしているのに痛みを感じない場合もあります。

スポンサーリンク

実際の患者さんでも心配になって「足のくるぶしのぷよぷよは何ですか?病気ですか?」という人がいますが、

大半の人は心配ないことが多いです。

実例も出しながらどのように治っていったか?などくるぶしに関することをまとめたので、

この記事を読んであなたの症状はどの原因か確かめてみてくださいね!

ここではどのような時に痛みを感じたり、腫れることがあるのかを紹介します。

②-1くるぶしの下が痛い 外側と内側が痛む原因は何?

②-1-1くるぶしの下、外側が痛い場合は?

外側が痛む場合で最も多いのは捻挫です。捻挫はひねった側の反対側が痛くなります。足首を内側にひねった場合、外側の靭帯が伸びて損傷されます。このことを内反捻挫といいます。自分では気づかないうちにひねっていることもありますので、注意が必要です。

また、新しい靴や合わない靴を履いた時、靴擦れをおこして痛みを感じる場合があります。
靴の縁がちょうどくるぶしの外側の下に当たっている時おこります。

②-1-2くるぶしの下、内側が痛い場合は?

外側が痛むのと同じように、捻挫をおこして痛みを感じることがあります。内側が痛む場合は先ほどとは反対ですので、外側をひねった時です。これを外反捻挫といいます。

また、外側と同じように靴で圧迫されて痛くなることがあります。骨と腱の盛り上がった部分が圧迫され続けて炎症をおこしているというわけです。

また、外脛骨障害をおこしていると、この部分に痛みがおきます。外脛骨とは内くるぶしの下にある骨の事です。この部分が人より大きい場合があり、内側に倒す動きを何度も繰り返していると痛みが出ます。

 

実例:この前、中学生の男が来院し、外脛骨障害と診断され押されると痛みがあり、足首を外側にひねったりしゃがんだり、内くるぶしのしたを押すと痛みがある状態でした。

対処法としては、後脛骨筋という足のすねの骨のちょうど真ん中を、内側に向かって押すと固い筋肉が触れるのでそこを親指の腹で少し強めにマッサージします。あとは偏平足であったので、靴の中敷き(インソール)をすすめました。

スポンサーリンク

▼膝の内側の痛みにも使えるインソールです。偏平足・外脛骨にも効果あるのでみてください↓↓

鵞足炎の治し方!一発でなく膝内側痛にテーピング-インソールフル活用

 

他にも、マラソン、ランニング、O脚、ヒールの高い靴を履いている人は後脛骨筋膜炎をおこしやすく、痛みを感じる場合があります。後脛骨筋膜とはふくらはぎから足首の内側を通って、足の裏にまでつながっている腱の事です。つま先立ちをしたり、足の裏で地面をける時に使う腱です。

ここに繰り返し負担がかかると炎症をおこし痛みを感じます。後脛骨筋膜炎をおこしていると、走っている時や歩いている時に痛みを感じます。対処法としては、先ほどの外脛骨障害と同じくすねの真ン中の骨を内側に向かってマッサージします。

 

この他、痛風という病気でも痛みを感じることがあります。

②-2くるぶしがぷよぷよ腫れているのに痛みが無い!

②-2-1くるぶしが腫れているのに痛みが無い場合の原因は?

くるぶしの外側が腫れていたけど、痛みが無いから気づかなかったという事はありませんか?このようなことがおこる原因がいくつかありますので紹介します。

まず第一に考えられるのはむくみです。足にむくみがある時はくるぶしが腫れたように見えることがあります。むくみがおこる原因としては睡眠不足、塩分の取りすぎ、肥満、長時間の立ち仕事などがあげられます。

また、滑液胞に炎症がおこっている場合も痛みが無いのに、ぷよぷよ腫れています。滑液胞とは骨と皮がこすれず滑らなに動くようにクッションの役割をしています。くるぶしに何らかの圧力がかかり、炎症をおこすことです。そうすると滑液が漏れて膨らむのです。

くるぶしに圧力がかかる原因として、O脚やX脚などがあります。また、長時間あぐらをかいている人は片方のくるぶしが圧迫されていますので、炎症がおこる場合があります。

他にもくるぶしにガングリオンができている場合が考えられます。ガングリオンとは腫瘍の一つですがほとんどが良性です。しこりができて腫れているように見えますが、柔らかい場合と硬い場合があります。押して痛くなければそのままにしておいて支障はありません。

実例:50代女性で仕事でパンプスをよく履く。急に気づいたらパンプスがあたっているところ足の外くるぶし前に脂肪の塊のようにぷよぷよした塊が、、 押しても痛くなく2か月ほどたったら、少しづつ小さくなったわけでなく、急にすっかりなくなっていた!

正座をよくする人も足首のくるぶしの外側にガングリオンみたいな腫れができ、胼胝(タコ)のように少し硬くなるひとも多いです。

 

③まとめ
くるぶしの痛みや原因は日常生活と深い関係がありますね。
痛みが続く場合は受診することを進めしますが、生活習慣を見直してみることも大切です。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

  1. ランニング

    ランニング アキレス腱 痛みに【サポーター テーピング方法動画や効果的な治療法

    ランニング アキレス腱 痛みに:サポーター、テーピング、おすすめ治療法…

  2. 肉離れを早く治すテーピング太もも前や太もも裏簡単方法!お手軽食事も!

    肉離れ 早く治す:テーピング太もも前やテーピング太もも裏に一人で簡単方…

  3. 足首テーピング巻き方簡単な基本形!捻挫固定バッチリ動画

    ちょっとしたつまずきで足首を捻挫してしまう事は、日常生活で簡単に起こっ…

  4. 足の親指がしびれる【感覚ない-痛風-糖尿-歩きすぎ心配サイン!

    足の親指がしびれる 痛み・感覚がない原因は、痛風の可能性、歩きすぎの可…

  5. 足底筋膜炎が実際治った【テーピング簡単方法ストレッチはこれ!

    足底筋膜炎の主な治療法と、実際に患者さん何人にもお伝えし治った効果的な…

  6. ランニング

    かかとが痛い原因【40代-朝-高齢者-ランニング4つの適切な治し方

    かかとが痛い原因を「40代、朝、高齢者、ランニング」の項目に絞って詳し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事


◇関東の整形外科病院に勤務してる医療国家資格者がお届けしてます◇
私自身、腕や足を骨折したり膝の靭帯損傷などいろいろなケガを体験し、そこからリハビリやサポーターなどの治療や体操・ランニング・スポーツを通して生涯健康を目指してる真っ最中です。
皆さまにも健康寿命が少しでも長くいられるようためになる情報をお届けしていきます!
このサイトは「理学療法士-看護師」が監修・管理しております。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。