車中泊 ブログ 荷室

ホンダシャトル/オーリスvsアクセラスポーツガチ比較【インテリア-快適性-燃費

スポンサードリンク

ホンダシャトルvsマツダアクセラスポーツ

オーリスvsアクセラスポーツ

インテリア・外観 ・快適性・居住性 ・燃費を

比較してみました。

 

ホンダが提供するステーションワゴン型ハイブリットのシャトル。以前はフィットシャトルとして発売されていましたが、2015年からシャトルとして独立して再登場しました。

今回はこのシャトルと、マツダのアクセラスポーツを比較してみました。早速見てみましょう。

 

ホンダシャトル vs マツダアクセラスポーツ 比較その1 外観

 

シャトルはたまご型のステーションワゴンタイプです。ヘッドライトなどのフロント周りのデザインは近未来的な感じに見えます。特徴的なプレスラインや各パーツの配置を考えて、全体的に前傾姿勢に見えるようにデザインされています。

対するアクセラスポーツも、フロント周りにはシンプルながら大きなグリルを採用してオリジナリティーを出しており存在感をアピールし、全体的にはやわらかい感じでまとめたデザインになっています。


私の主観で比較してしまいますが、シャトルはちょっと奇抜すぎる感じがあり、ちょっとなじみづらい感じがあるので、

 

外観の比較はアクセラスポーツの勝ちとします。

 

 

スポンサーリンク

ホンダシャトル vs マツダアクセラスポーツ 比較その2 居住性

 

シャトルの室内寸法は長さ1925mm幅1450mm高さ1290mmとなっています。

アクセラスポーツの室内寸法は長さ1845mm幅1505mm高さ1170mmです。

幅においてはアクセラのほうが広いですが、長さ、高さに関してはシャトルのほうが広くなっています。ボディーサイズはアクセラのほうが広いのに室内はシャトルのほうが広く取られているようです。

これはボディーのサイズというより、ステーションワゴンというボディータイプによる違いが効いているのでしょう。

 

という事で、この比較はシャトルの勝ちです。

 

 

スポンサーリンク

シャトル vs アクセラスポーツ 比較その3 燃費

 

シャトルの燃費は34km/Lで、対してアクセラスポーツの燃費は1.5Lで20.4km/Lです。シャトルはハイブリッドなのでこの差がつくのはしょうがないでしょう。

燃費の比較は問答無用でシャトルの勝ちです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ  :  ホンダシャトルの勝ち

 

外観に関しては私の主観が入ってしまいましたが、ステーションワゴンという部分が有利に働いた結果になったように思います。

今回の比較に入れませんでしたが、ラゲッジスペースも当然広くなっていますので使い勝手もよさそうですよね。

 

しかしながら、私はあまりステーションワゴンが好きではありません。どんなに便利でも、シャトルを選ぶことは無いかもしれません。こういう人もいるんです(笑)

 

オーリス vs アクセラスポーツ インテリア・快適性・燃費で比較してみた。
トヨタのオーリスと、マツダのアクセラスポーツはどちらも5ドアハッチバックです。どちらも排気量に関しては数種類ラインナップがありますが、今回はお互いに1.5Lのグレードで比較してみようと思います。同クラスの2台なのでどんな結果になるか楽しみです。

 

 

オーリス vs アクセラスポーツ 比較その1 インテリア

オーリスのインテリアはダッシュボードやシートに「色」や「柄」をうまく組み合わせ高級感を出したり、モダンな雰囲気を出したりといろいろなパターンが用意されています。様々な操作ボタンはあまり特徴を持たせず、すっきりとしたインテリアです。対してアクセラスポーツのインテリアは色づかいは黒と白の2種類です。こちらは高級感を前面に押し出した造りになっています。

ところどころに使われるシルバーのパーツや赤いステッチなどが抜群にそれを演出しています。アクセラスポーツのインテリアはすごく好きですが、ラインナップが多く用意されている点で、

 

インテリアの比較はオーリスの勝ちとします。

 

 

オーリス vs アクセラスポーツ 比較その2 快適性

 

オーリスの大きな特徴はオプションになってしまいますが、なんといってもパノラマルーフです。ルーフシェードを開けると屋根には大きな開口部が現れます。天気のいい日にはとても気持ちの良いドライブが出るでしょう。

アクセラスポーツのシートは座り心地だけでなく、ホールド性も追求したものになっています。また、センターのモニターは情報を識別しやすいようなフォントや行間を採用するなど、運転に集中しやすいよう工夫されています。

どちらも良く考えて作られていますが、空の見える解放感は大きなアドバンテージですよね。

 

ということで快適性はオーリスの勝ちとします。

 

 

オーリス vs アクセラスポーツ 比較その3 燃費

 

 

オーリスの燃費は18.2km/Lです。対して、アクセラスポーツの燃費は20.4km/Lです。排気量は同じなので純粋な比較結果になります。

アクセラスポーツのスカイアクティブエンジンの勝ちです

 

 

まとめ  :  オーリスの勝ち

 

運転する人や同乗者は車に乗っているとき常に目にするのはインテリアです。どんなに外装がかっこいい車でも、インテリアがかっこ悪ければ乗っていて嫌になってしまうかも。嫌にならないまでも、楽しんで乗ることはできないですよね。

様々な人が載ることを考えて多くのラインナップを用意したオーリスと、標的を絞ってそれを追求したアクセラとで違いがありましたが、私が好きなのは運転席に座れば運転するのが楽しくなるとおもうアクセラスポーツのほうです。

スポンサーリンク スポンサーリンク

そのまま峠に走りに行きたくなってしまうかもしれませんから。

インフルエンザ 厚生労働省発表マスク予防方法・手洗いのポイントまとめ!前のページ

マツダプレマシー比較ラフェスタハイウェイスター・アイシス「燃費・使い勝手・価格次のページ

関連記事

  1. 車中泊 ブログ 荷室

    新型CX-5 燃費まとめ!カタログ燃費ライバル車比較!実燃費 ハイブリッド-ガソリン

    最近街中でも郊外でもマツダ車の赤いボディカラーが目をひきます。この色は…

  2. 車中泊 ブログ 荷室

    マツダロードスターvsRX-8ガチ比較評価【デザイン・使い勝手・燃費

    ロードスター vs RX-8   デザイン・使い勝手・燃費 で比較して…

  3. 車中泊 ブログ 荷室

    マツダ車おすすめアテンザワゴン!車中泊ブログキャンプ マット おすすめNO.1

    私がお勧めするマツダの車は、アテンザワゴンになります。その…

  4. 車中泊 ブログ 荷室

    新型CX-3 納車ブログまとめ!納期状況-乗り心地-インテリア・エクステリア

    2018年5月、マツダのコンパクトクロスオーバーSUVであるCX-3が…

  5. 車中泊 ブログ 荷室

    新型CX-3 オプションまとめ【メーカー 販売店装着オプション アクセサリー

    新型CX-3は2018年で最もブレイクした車のジャンルであるコンパクト…

  6. 車中泊 ブログ 荷室

    新型ラパンカラー色【全カラー紹介 インテリアカラー 人気色ランキング】

    新型ラパンカラー色【全カラー紹介、インテリアカラー、人気色ランキング】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事


◇関東の整形外科病院に勤務してる医療国家資格者がお届けしてます◇
私自身、腕や足を骨折したり膝の靭帯損傷などいろいろなケガを体験し、そこからリハビリやサポーターなどの治療や体操・ランニング・スポーツを通して生涯健康を目指してる真っ最中です。
皆さまにも健康寿命が少しでも長くいられるようためになる情報をお届けしていきます!
このサイトは「理学療法士-看護師」が監修・管理しております。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。