二の腕 仮

二の腕ダイエット痩せにキャビテーション 脂肪破壊!

スポンサードリンク

「二の腕を細くしたい!と思っていて筋トレやジョギングなどしているが、なかなか効果がでない…」という人に耳寄りな情報です。

今回はエステで扱われているキャビテーションについて紹介します。

 

キャビテーションとは、脂肪を破壊する痩身法で、以下の2つの二の腕タイプに効果がある方法です。

・脂肪やセルライトでタプタプになった二の腕
・過去に鍛えたことで固太りし、筋肉周辺に脂肪やセルライトがついた二の腕

 

柔らかい脂肪やセルライト部分に比べると、固くなっている所は回数が必要になりますが、キャビテーションでは固い筋肉周りにへばりついた脂肪やセルライトにも効果を発揮し、二の腕を細くすることができます。
そのため、キャビテーションはどうしても細くならなかった二の腕を痩せたい人におすすめです。

そもそも、二の腕が太くなる原因として上腕三頭筋が衰えることで、二の腕がたるみ、脂肪やセルライトがつきやすくなることが挙げられます。
上腕三頭筋は、元々新陳代謝が悪い部位なので、一度脂肪やセルライトがつくとなかなか落とす事が難しく、どんどん脂肪がついていってしまうという悪循環になってしまうのです。

そこで、キャビテーションをあてることにより、あてた後の数日は、代謝が非常に良くなるので、二の腕痩せに効果的と言えます。
週に1回~2回、ある程度集中して数回受ける事で、身体が代謝の良い状態を覚えるので、二の腕も痩せやすくなります。
キャビテーションを受ける場合は、短期間で集中して通う方が効果が出やすいため、エステを選ぶ際は、通いやすい所を選ぶと良いと思われます。

≫キャビプラス (ホワイト)【家庭用 キャビテーション ラジオ波 EMS LED】 4機能を1台で 脂肪 セルライト をギュッと 刺激 ! 二の腕 スッキリ!自宅で 本格 美容 エステはこちらから

 

▼実際の商品レビュー

「ダイエットするために、購入しました。
1週間に2回ほど使い続けて2か月が経過。実際にお腹の脂肪が減りました。
EMSの刺激も強く、腹筋も鍛えられているような感じ。

ウエスト周りが、2か月で-4cmほどになり、大満足です。
男女ともに、ぜひオススメ!」

「この機器は刺激も強すぎないので続いています。痩せてるかは自分ではよくわからないですが、明らかに腹の脂肪が柔らかくなりました。もともと腹回りの脂肪は固いので落ちにくい体質ですが、柔らかくなっているので、落ちやすくなってる感じはあります。
これに限らずですが、機器を使えば自動でシックスパックになるなんてことはないので、価格に対しての効果には概ね満足してます。」

▼ではキャビテーションとはいったい、どんな方法なのでしょうか。

キャビテーションはラジオ波の一種で、特殊な超音波で脂肪の細胞膜同士を衝突させ破壊します。そして脂肪細胞膜から中性脂肪を排出させるのです。

わかりやすく言うと、キャビテーションをあてることにより、脂肪が砕かれ体外へ流れやすい状態になります。
しかし、キャビ―テーションだけだと砕かれた脂肪が体内に残ったままに。

その為エステのキャビテーションコースでは、キャビテーションと同時にリンパドレナージュ、エンダモロジーなど脂肪、老廃物が体外へ出やすいメニューと組み合わせて行うのが一般となります。

 

最後にまとめです。

キャビテーションというのは初めて聞いた言葉だったので、最初は何のことかさっぱりわかりませんでした。
しかし、セルライトが溜まってしまったタプタプ二の腕や、昔鍛えていた筋肉周りについた脂肪やセルライトの溜まった二の腕にも効果のある方法とわかり、手軽にできるエクササイズやトレーニングでも効果が得られないときには試してみてもよい方法だと思います。

エステに行くのはお値段で気にもちょっとという人は、まずは機械を買ってみて試してみるといいですね!
キャビテーションは1回で効果を感じることができる人も多い様なので、簡単エクササイズで効果が全然実感できない人は1度試してみてはいかがでしょうか。

こむら返り 対処法簡単10秒ストレッチと原因・予防法をリハビリ専門職がお伝え!前のページ

ヘバーデン結節 テーピング巻き方効果的な方法をリハビリ専門職がお伝え次のページへバーデン結節

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事


◇関東の整形外科病院に勤務してる医療国家資格者がお届けしてます◇
私自身、腕や足を骨折したり膝の靭帯損傷などいろいろなケガを体験し、そこからリハビリやサポーターなどの治療や体操・ランニング・スポーツを通して生涯健康を目指してる真っ最中です。
皆さまにも健康寿命が少しでも長くいられるようためになる情報をお届けしていきます!
このサイトは「理学療法士-看護師」が監修・管理しております。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。