健康食品

マヌカハニー【風邪に効果ある数値、風邪の時の飲み方、風邪薬併用はできる?

スポンサードリンク

風邪をひかないように手洗いやうがいなどで予防していても、喉がイガイガして風邪をひいてしまうことがありますよね。できれば、風邪をひかずに元気に過ごしたいものです。

ロッテやカンロなどを始めとする有名メーカーからマヌカハニーのど飴が最近売られており目にしたことがあると思います。実際マヌカハニーには、風邪にどのような効果があるのでしょうか?

そこでこの記事では、
・風邪に効果があるマヌカハニーの数値
・風邪に効果的なマヌカハニーの飲み方
・マヌカハニーは風邪薬と併用できる?

この3点をご紹介したいと思います。

【風邪に効果があるマヌカハニーの数値】

マヌカハニーは、「メチルグリオキサール(MGO)」という高い抗菌・殺菌活性力を持つ特別な成分が入っています。風邪やインフルエンザなどのウイルスを抑制する働きがあるといわれています。

マヌカハニーを購入する時は、パッケージに抗菌活性力を示す数値が記載されているので、確認して購入してください。メジャーな表記が「UMF」と「MGO」です。
「UMF」はUMF5+~UMF25+まであり、健康維持なら10+以上、菌やウイルス対策なら15+以上のもの、20+以上なら極めて高い抗菌・殺菌力があるといわれています。
「MGO」は263+以上の数値が良く、MGO263+がUMF10+が相当、MGO514+がUMF15+、MGO829+がUMF20+相当です。

さらに、マヌカハニーには抗菌作用のほかにも、様々な栄養成分が含まれています。ビタミンB1、B2、B12、ビタミンC、ナイアシンなどのビタミン群のほか、カルシウム、リンといった各種ミネラル、さらにはアミノ酸なども豊富に含有しているので、栄養補給にも適しており、風邪の時でも栄養面の強い味方になります。

スポンサーリンク

【風邪に効果的なマヌカハニーの飲み方】

・マヌカハニーの1日の摂取量の目安は、1日3~4回、一日20ml(小さじ4)程度です。

・食事前や就寝前、空腹時にそのまま食べるのが一番効果的と言われています。

・喉に違和感を感じるときは、マヌカハニーをそのまま口に入れ、じっくり時間をかけて舐め溶かすと喉の殺菌に効果的です。喉に残ったマヌカハニーが洗い流されてしまうので、水分の摂取は30分程度時間をおいてからにしてください。

・抗菌・殺菌能力が低下するので金属製のスプーンは絶対に使用しないでください。水分が入ってしまうと発酵してしまう可能性があるので、乾いた状態の清潔な木製や陶器のスプーンを使ってください。

・マヌカハニーは、はちみつと違い、キャラメルのようにねっとりして、独特のくせのある味と香りがあるので、そのまま食べるのが苦手な方もいます。その時は、ヨーグルトに入れたり、トーストに塗ったり、紅茶やハーブティーなどの飲み物に溶かして飲むなど工夫してください。熱に強いので、効果が大きく変わる心配はないです。

・1歳未満の子どもには与えないでください。はちみつと同様にボツリヌス菌が入っている可能性があります。大人の場合は食中毒などの症状が起きることはないですが、腸が未熟な赤ちゃんには感染する可能性があり、非常に危険です。1歳未満の子どもには絶対に与えないよう注意してください。

スポンサーリンク

【マヌカハニーは風邪薬と併用できる?】

マヌカハニーは医薬品ではないので、風邪薬と併用しても薬の効果に影響はないので安心してください。薬との併用が心配な方は、マヌカハニーを食べる前にお医者さんへご相談ください。自然治癒力を高められるので風邪の治りが早いかもしれません。

きちんと品質を保証された正規品のマヌカハニーはお値段がしますが、摂取することで薬の代わりとして、また薬と併用して高い効果を発揮します。
ぜひ一家に1個風邪対策に常備してみてください。

スポンサーリンク スポンサーリンク

メダリストワンデープラス 【uvカット-乱視用-酸素透過率-乱視用amazon失敗体験談前のページ

マヌカハニー副作用まとめ【下痢、抗がん剤、妊婦への影響は?どうなの?次のページ

関連記事

  1. 健康食品

    マヌカハニー副作用まとめ【下痢、抗がん剤、妊婦への影響は?どうなの?

    マヌカハニー副作用【下痢、抗がん剤への影響、妊婦さんは食べても大丈夫な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 顎関節症

◇関東の整形外科病院に勤務してる医療国家資格者がお届けしてます◇
私自身、腕や足を骨折したり膝の靭帯損傷などいろいろなケガを体験し、そこからリハビリやサポーターなどの治療や体操・ランニング・スポーツを通して生涯健康を目指してる真っ最中です。
皆さまにも健康寿命が少しでも長くいられるようためになる情報をお届けしていきます!
このサイトは「理学療法士-看護師」が監修・管理しております。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。